理系のために理転して偏差値30上げた方法を伝授するブログ

それでも私は受かりたい

浪人

浪人して大学受験する人に知ってほしい|浪人して得られた3つ本質的勉強と3つの価値

投稿日:

 

浪人する意味ってあるのかな??

浪人しようかどうか迷ってる・・・

浪人するけど将来が不安で仕方ない。

という人に向けて、『浪人で本当に得られることって何』というテーマで話していきます。

 

 

この記事を読んでわかること

  • 浪人する勉強以外のメリット
  • 浪人する前に考えるべき4つのこと
  • 浪人後への不安への答え

 

 

私の現役の時の状況

浪人する前の現役時の偏差値や受験校についてまずは話して行きたいと思います。

 

横浜国立大学だけ受けた現役

私は現役時代は横浜国立大学(文系)しか受けませんでした。(横国以外には試験慣れの意味で3つ受けた)

 

私の学校は偏差値も低く(偏差値40ちょい)で、私が勉強始めたときの偏差値は40なかったです。偏差値の低かった私ですが、どうしても横国に行きたかったので、1本だけで受験しました。

 

周りには『絶対無理だから諦めろ』と言われましたが、自分で納得できない受験は嫌だったので挑戦しました。

 

偏差値は上がったが届かなかった

私の偏差値40弱で横国が偏差値60弱なので、志望校までの偏差値の差は20です。

 

私は今までにないくらい本気で勉強して、偏差値もグングン伸びました。

 

結果は

センター試験:  278点(2年の3月) →      607点(本番) といった結果で、横国には落ちました。

 

あと3ヶ月勉強始めるのが早かったら受かってたかもしれない』とかなり後悔はしました。

 

浪人を決めた3つの理由

正直私は勉強に向いている方ではなかったので、専門学校に行く選択肢や就職といった選択肢も普通にありました。

 

結果的に私は浪人しました。私が浪人した3つの理由を紹介して行きます。

 

将来の夢があったから

将来教師になりたかったんです

 

教師になるには基本的に四年制の大学を卒業が条件です。4年生の大学で教職課程があればどこの大学でも大丈夫です。

 

しかし私は最低限勉強ができないような人に、生徒も教わりたくないだろう。私なら教わりたくない。と考え浪人しようと思いました。

 

自分なりの意地

周りには無理という人がほとんどで、見返してやりたかった。

 

みんながそんなの無理だという挑戦の方が面白いと思ってます。みんなが無理だって投げ出したものを貫く男の方がかっこいいですよね。

 

そういった自分なりの生き方を曲げたくなくて浪人しました

 

まだ伸びる自信があった

『伸びている途中で受験日を迎えてしまった』という感じが強かったのをよく覚えています。

 

基礎勉強をして、ある時を境に急に偏差値が伸び始める。その伸び始めの段階で受験日がきてしまいました。あと3ヶ月あれば受かる自信もありました

 

勉強していて、まだまだ伸びるいう感じがひしひしと伝わってくるんです。まだまだ伸びれるという不完全燃焼感がすごく心の中で大きかったです。

 

 

 

その後いろいろあって、私立理系国立文系という異色の勉強方法をしました。

 

 

浪人して学んだ3つの本質的な勉強

浪人してから今までほとんど勉強してこなかった私にとって、毎日が勉強でした。

 

その中でも、その後の生活でも役に立った本質的勉強3つについて簡単に紹介します。

 

勉強のしかたを学んだ

一番大きいのは、学び方を学べたという点です。

 

どんな勉強も一人じゃできません。必ず先生や本などのあらゆる人に教わります。先生から聞いたことを素直に自分の中に落とせる人が伸びるということ。

 

だから今では私は何かを始める時に、自己流ではなく絶対にうまくいってる誰か方法を真似することにしてます。

 

ゴールからの逆算を学んだ

受験では逆算的な思考が最も重要な思考になります。ゴールを設定しない努力は結果が出ません。

 

自分のゴールを明確に設定してこそ、初めて勉強方法や勉強時間といった、受験の戦略を立てることができるのです。

 

まずは『自分のゴールはどこか??』をきちんと設定しましょう。ゴールを決定すると自然と勉強方法も決まります。間違っても勉強方法を先に集めるような真似はしないでください。

 

このゴールからの逆算思考はどんな事でも使い、『自分のゴールはどこか??』を常に考えて行動しているため、絶対に自分の行動の軸がブレません。当然、軸がブレないほど無駄な行動はしなくなるので、結果が出しやすくなります。

 

本番で力を出す技術を学んだ

『本番で力が出ない』という方も多くいます。しかし本番で力を出すのは運ではなく、練習のしかたを変えるだけで本番に力を出せることを学びました

 

本番の試験で結果が出せる人は、本番と模試を分けません。常に同じやり方をします。

 

本番と模試で少しでも違うやり方をする人は、その分結果が出なくなってしまうのです。

 

 

本番で結果の出る人の模試の受け方

  1. 受験場所は毎回変える(遠くで受ける)
  2. 本番と同じ行動する
  3. 模試に対しても目標点を作る

本番と練習の差を縮める努力こそが、本番に強くなる唯一の方法です。

 

 

浪人して得られる3つの価値

みんな浪人する時に学歴ばかりに焦点を当てます。(私もそうでした)

 

私が浪人してみて、浪人には学歴以上の価値もあるなと思ったので、ここで紹介して行きます。

 

頭の基礎体力の上昇

私は高校の時バカは生まれつきだと思ってましたが、地頭は後天的によくすることができます。

 

 

地頭が良くなることでのメリット

  • 未知のものへ挑戦したくなる
  • わからないものに対しての正解が出しやすい
  • 教わったことをできるようになるまでが早い
  • 扱える知識量が増える

 

この地頭が良くなるのは学歴以上に、人生にとって大きなメリットです。これだけで地頭の悪い人よりも何倍も効率良く学べます。そのため同じ時間でたくさんのことができるようになります。

 

辛い瞬間を乗り越える精神力

浪人は精神的にはとても辛いです。周りの友達は大学で遊んで、自分は毎日引きこもって勉強です。なんでこんなに勉強してるんだっけ??と疑問に思うこともありました。

 

しかしこの浪人の結果が出ない辛い瞬間を乗り越えたからこそ、その後のいろんな困難でも立ち向かえと思います。精神的な基準が浪人前に比べて高くなりました。

 

その結果、簡単に投げ出さないでもう少し結果が出るまで頑張ってみる。成果が出ない瞬間でも成果を出すために泥臭く努力ができるようになりました。

 

この精神力は浪人の時に得られて本当によかったなって思います。

 

目標までやり切れたという自信

自分で立てた目標を必死に追って出した成果は、自分にとって一生の自信になります

 

私のように地頭のよくない人でも、正しい方向できちんと努力すれば必ず成果は出せる。努力で成果は出せると学んで、どんなことでも挑戦的に人生を送ることができています。

 

新しいことに挑戦して失敗しても、頑張れば成果は出せるのだから、方向性を見失わないようにしようと心を決められます。

 

自信がつきどんどん挑戦できる人生になるなら、1年間という時間や数十万というお金を払う価値は十分あります

 

あなたが浪人する前に考えるべき4つのこと

ここまでのメリットを紹介してきました。

 

このメリットを踏まえた上で

  • なぜその大学でなければならないのか??(目標設定)
  • その大学でなければならない理由
  • 浪人にかかる100万近いお金を払う価値があるか??
  • 1年間という時間よりも価値があるか??

について考えてみてください。

 

それでも浪人する価値があると思ったらぜひ浪人してみてください。私は全力で浪人するのであれば、1年とお金を払う価値は十分あります。

 

 

浪人を不安に思う人へのQ&A

浪人しようと思うと、いろんな不安があると思います。

 

ここでは私が浪人前に抱えていた悩みを、いまの自分で答えて行きます。

 

① 浪人は就職に関係ありますか??

 

A.   一浪では就職に影響することはありません。

 

正直、面接で聞かれることもほぼなかったので、全く影響しないでしょう。

 

二浪の友達も花王に受かったので、何浪もしない限り関係ないと思います。

 

 

② 浪人したことで大学生活に影響はありますか??

 

A.  サークル、大学生活への影響はありません。

 

『浪人したからぼっちになったという人』がネットにいますが、コミュ障でぼっちになる人は浪人しなくてもコミュ障でボッチです。

 

浪人のおかげで会話が広がった経験はありますが、ドン引きされた経験はありません。普通にタメ語でみんな気さくに話してました。

 

③ 偏差値上がりますか??

 

A.   努力すれば必ず上がります。

 

努力は人を裏切らないというのは本当です。努力しても結果が出なかったという人は『努力の方向性が違う』か『努力の量が足りない』ことが原因です。

 

努力しても結果が出ないという人は、正しい方法で人の2倍やってから文句言いましょう。

 

 

 

 

④ 費用はどのくらいかかりますか??

 

A.  150万くらいです。

 

 

具体的には

  • 予備校代:70万
  • 食費  :15万
  • 定期代 :10万
  • 受験料 :30万

 

 

といった内訳です。お弁当を作ったり、予備校に通わなかったりするともう少し節約できます

 

 

 

⑤ 周りが浪人に反対しています、やめとくべきでしょうか??

 

A.  自分の価値観を最優先すべき

 

お前の人生はお前のもんだ!!

 

人に判断を任せないで、自分で決めて自分で責任を負いましょう。もし仮に失敗した時に、その相手は責任取ってくれません。(当然ですが・・・)

 

これから答えのない中で選ばなければならない瞬間はたくさんあります。そんな時には、人から色々情報を得ることは大切ですが、最後に知識から考え判断するのは自分しかいません

 

 

p.s

もし何か相談があれば乗ります。問い合わせボックスの方からどうぞ。

そのほかこんな質問がしたい!!というのも受け付けてます。

 

 

まとめ

浪人は人生にとってかなり大きな決断です。しっかりと情報収集した上で、自分なりの価値観を持って選んでください。考えた上で選ぶのであれば、どちらを選んでもきっと後悔はありません。

 

自分の中に曲げられない何かがあるなら、浪人はおすすめします

 

 

 

 

 

-浪人

Copyright© それでも私は受かりたい , 2018 All Rights Reserved.