浪人する時のアドバイス

浪人生に本当の模試の受け方を伝えたい|おすすめの模試と模試の意味

更新日:

 

浪人生の人でほとんど人が現役生と同じ感覚で模試を受けています。

 

しかし浪人生と現役生では模試の受け方や考え方は大きく変わります。今日は浪人生にとっての本当の意味での模試(受け方、回数、意味)について紹介していきます

 

浪人生にとっての模試の意味

現役生にとっては模試はテストの時間に慣れたり、志望校の判定が大きな意味を持ちますが、浪人生はもうすでに試験には慣れています。

 

では浪人生が模試を受ける意味とは何でしょうか??これから考えて生きたいと思います

 

 

① 模試は浪人生のモチベーション

浪人生にとって模試はモチベーションとしての意味が大きいです。

 

なぜなら模試でモチベーションを保たないと、1年間勉強に集中することは難しいです。そのため私は模試を目標にしてモチベーションを保っていました。

(私は模試を一つの区切りにして勉強計画も立てていました。)

 

模試を受けないと確実にモチベーションが下がるので、定期的に模試は受けておきましょう。

 

② 模試を受けて自分の立ち位置の確認

実は模試によっては浪人生だけでの偏差値がわかる模試も存在し、自分の立ち位置の変化や偏差値を知ることもできるのです。

 

その立ち位置によって、目標設定や勉強のスタイルの変更をしていきましょう。

 

勉強方法を決めていく指針として浪人生でも、模試は欠かせないものとなります。

 

③ 模試の結果で弱点克服

浪人生にとって『全範囲ではない模試は意味がない!!』と思うかもしれませんが、弱点の把握に模試は使えます。

 

確かに全分野一度勉強しています。しかし一度勉強した範囲であっても、苦手分野や抜け漏れがあったりするものです

 

そのため弱点分野をきちんと克服することが、最短で偏差値をあげる方法です。模試をきっちり受けて、弱点分野をあぶり出しましょう。

 

 

浪人中の模試の回数と頻度

予備校に通っているのであれば、内部の模試を受けておくことをお勧めします。

 

しかし内部の模試がない塾や宅浪の場合は、どのくらい模試を受けていいかわからないと思います。浪人生は夏を境に模試の頻度を変えるほうがいいです。

 

具体的な回数や頻度について紹介していきます。

 

夏までは3ヶ月に1回ずつ(センターと記述)

夏までは現役の頃と同等で3ヶ月に1回ずつ(センターと記述)受けましょう。

 

夏までは現役生の実力が低いので、偏差値は性格に出ません。そのため夏までの模試の役割は、自分の弱点をしっかり把握して基礎力向上に役立てることがメインです

 

間違っても偏差値が高いのを見て浮かれてはいけません。現役時よりも10上がっていることはザラです。

 

夏前の偏差値で浮かれて基礎力をつまないと、夏以降に偏差値がだだ下がりします。

 

夏以降は月1回ずつ(センターと記述で二回)以上

夏以降は基礎力の確認と本番慣れを意識しながら模試を受けることになり、月に1回ずつ合計2回は受けることをオススメします

 

現役に比べてこの時点での完成度は高く、本番で十分力を出せるかを意識して考えるほうが結果に結びつきます。

 

そのため夏以降は模試を積極的に受けるようにしましょう。

 

浪人生の模試の受け方(会場、当日準備)

実は浪人生は模試を受ける時に現役生よりもかなり有利です。

 

なぜなら現役生は受験の本番を知りませんが、浪人生は本番がどのような状況かを知っているからです。本番の緊張感、当日の動き、困ったこと、ありとあらゆることを知っています。

 

そして本番を意識して模試を経験できるのです。つまり本番に近い形で模試を受けられるのが、浪人生の1番のメリットになります。

 

ここではいかに本番らしく模試を受けるか??という点に絞って注意点を話していきます。

 

 

会場は遠くにしよう

会場を遠くに設定することで、本番と同じようなアクシデント、早起きを経験し、満員電車に慣れておきましょう

 

実際に試験本番は満員電車に乗っていくことが多かったと思いますが、満員電車って想像以上に体力を使います。

 

さらに人身事故など様々なアクシデントも起きます。こういった事態に慣れておくためにも会場を遠くに設定し、本番と同じ環境を揃えておくことが重要になります。

 

志望校があれば最優先

自分志望校が会場の場合も多くあり、志望校があれば必ず会場はそこにしてください。

 

会場に慣れておくことは本当に大きなメリットです。本番に迷うこともなくなりますし、トイレの位置や本番の空気を知って受験できます。

 

そのため志望校があるときは確実に志望校で受けましょう。

 

私も横国で2回ほど模試を受けたので、トイレが2個で数が少ないことを知ってました。そのため他の棟のトイレの位置も確認していて、本番はかなり有利になりました。

 

本番と同じ荷物で行こう

本番を再現するためには持ち物もチェックしておきましょう。

  • ティッシュ
  • ハンカチ
  • チョコ
  • 暖かいお茶
  • 胃薬
  • 目薬
  • 鉛筆(鉛筆削り)etc...

のように模試を受ける気分ではなく、本番の試験を受けるつもりで荷物を持っていきましょう。本番足りなくて困ったものはありませんか??

 

例えば鉛筆削りは忘れやすいので、気をつけて持って行ってください。

 

会場に着いてからも本番と同じ動きをする

会場入りごの行動はパターン化しておきましょう。私の試験当日の動きは

  1. 受験会場入り
  2. トイレの場所をチェック(複数)
  3. 外でストレッチ
  4. 中へ戻り参考書を軽く見る

といった感じです。1時間半前には必ずついていました。こう行った細部まで再現して模試を受けましょう。

 

 

1年間模試を本番だと思って受けるだけで『本番慣れ』が全然違います

 

 

もしも自分が本番弱いタイプだと思うのであれば、確実に本番を意識した模試の受け方をしましょう。

 

 

 

浪人生におすすめの模試

浪人生が受けておきたい模試についてです。自分が通っている予備校の模試があればそちらを優先しましょう。

 

どの模試も品質の高いのですが、その中でも特におすすめしたい模試を紹介して行きます。

 

 

① 浪人生必須の河合塾模試(センター、記述)

河合の模試が圧倒的に優秀だと思います。私は河合生ではありませんが、模試を受ける人数、模試の質、判定どれを取っても最高品質であること間違いなしです。

 

自分の実力を正しく知るため、弱点を知るため、志望校までの差を知るため、どんな使い方でも河合模試は使えます。

 

実際の問題の再現度の高いので、センター模試、記述模試ともに受けてください

 

② 上位理系なら受けたい駿台模試 (記述)

圧倒的に難易度の高いのが駿台の記述模試です。

 

駿台は国立理系が多く医学部志望も多いため、理系に関しては模試の難易度が異常に高いです。

 

そのため上位理系を目指すのであれば、必ず受けておき実力を知りましょう。

 

③ 志望校別模試は100%受けるべし

志望校別模試(早稲田模試、慶応模試、東工大模試  etc...)などが志望校別模試の代表です。

 

この志望校別模試は自分の志望校があるのであれば必ず受けましょう

 

理由は死亡している人の中での順位や偏差値が正確に出ます。さらに模試自体が志望校の試験をよく真似て作られているため、自身の実力を測るのには絶好の機会です

 

浪人生の模試の申し込み方法

 

浪人生が模試を受ける手段は大きく分けて二つあります。

 

 

 

① 予備校で申し込む

自分の通っている予備校であわせて申し込みをすることが可能です。

 

実は他社の模試でも、各予備校で申し込みができます。しかも予備校によっては全くめんどくさい手続きなしで自動で出願をやってくれる場合もあります。

 

 正直模試の手続きをやってくれるのはかなり便利でした。

 

② ネットで申し込む

今は模試はネットでも仕込みをすることができます。

 

めんどくさい作業も一度やれば、二度目以降は簡単にできるため、個人的におすすめな方法です

 

さらにネット上で偏差値なども確認できるとこもあるようで、紙でも仕込むのと違って模試の結果を無くさないのもネット申込の良さです。

 

まとめ

浪人生は浪人生なりの模試の受け方や考え方があるのはわかってもらえたかと思います

 

  • 本番を意識した模試を受ける
  • 模試から弱点を知る
  • 夏までは少なく、夏から月1で受ける

この3点は特に大事です。

 

模試を受けるときに注意してもらえると嬉しいです。

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-浪人する時のアドバイス

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.