オンライン塾・家庭教師 塾・教材の選び方

塾の選びのコツを元塾講師が大公開|塾のことなんでも全部教えます

更新日:

 

正直言って、塾や予備校って多すぎませんか??私も学生の時に塾が多すぎて、どこの塾に入っていいかわからず、適当に選んでしまった経験があります。

 

塾や予備校が多すぎてわからないとい高校生の私と同じ悩みをもつあなたに、絶対に失敗しない塾選びのコツを紹介して行きます。私が失敗した経験と塾講師としてやっていた経験も踏まえているので、間違いなく塾選びで失敗することはありません。

 

この記事を読んで欲しい人

  • 大学受験のために塾選びをしている人
  • 塾選びに絶対に失敗したくない人
  • 自分にあった塾を教えて欲しい人

という人に、わかりやすく丁寧に塾の選び方を教えます。

 

 

この記事の内容

  • 塾を大きく4つの種類別に分ける
  • 塾の様々なランキング
  • 絶対にやってはいけない塾の選び方
  • 失敗しないためには無料体験するしかない

 

結構長いので頑張ってついてきてもらえると嬉しいです。

 

予備校と塾などの違い

塾のは大きく分けて4種類の系統で、学習塾・予備校・家庭教師・オンライン塾の4つです。これら4つの塾はそれぞれ目的が全く違います。

 

  • 学習塾    →  学校の授業について行くのが目的で、テスト対策・推薦入試に強い
  • 予備校    →  大学受験のために勉強する塾。大学受験に受かることが目的でスピードは早い
  • 家庭教師   →  個人のレベルが大きく違う時(偏差値65以上や偏差値40以下)に使う。
  • オンライン塾 →  家で勉強したい人や自分のペースで勉強したい(時間がない)人が使う。

 

例えば、学習塾と予備校は学校のテストのサポートが全く違います。学習塾では積極的にテスト対策するのに対して、予備校ではテスト対策は一切やりません。さらに学習塾は勉強習慣をつけるサポートがメインですが、予備校は勉強しない人は置いていかれるサバイバル環境です。

 

このようにあなたの目的に応じて選ぶべき塾は大きく違います。それぞれの細かい考察はリンクを貼りますので、こちらをご覧ください。(学習塾・予備校・家庭教師・オンライン塾

 

 

独学しようと思っている人はこちらをご覧ください

 

塾を選ぶ5つのポイント

  • 値段の安さ
  • 授業のわかりやすさ
  • 学習環境
  • 塾への通いやすさ
  • 性格との相性

 

学習塾・予備校・家庭教師・オンライン塾を様々な視点で見たランキングを作ってありますのでご覧ください。

 

値段の安い塾ランキング

 

1位 オンライン塾   (★★★★★)

オンライン塾はスタディサプリ(980円)を始め、一般的な塾に比べるとはるかに安い値段なのが魅力の1つです。実際、家庭教師や学習塾と比べても値段が半分程度になることも多く、値段という意味では圧倒的に1位です。

 

低価格を実現できているのは実店を持たず、経費をとことん下げて講師や教育のための指導のみにお金をかけています。

 

2位 学習塾 (★★★★☆)

学習塾は値段という意味ではかなり優秀です。学習塾は集団であることが多く、その分値段が少なくできているのが特徴です。

 

3位 家庭教師 (★★★☆☆)

塾として家庭教師はやや高めの値段設定です。これは家庭教師の先生の交通費・移動時間やお茶お菓子など様々な経費がかかるため、実際の家庭教師の費用よりもかなり高い値段になるからです。

 

4位 予備校 (★☆☆☆☆)
投信や駿台など様々な予備校がありますが、どの予備校も総じて高いです。東進は1年間で100万近くかかってしまうくらい高額で、どの予備校も1年間で100万弱はかかります。

 

授業の内容のわかりやすさランキング

 

1位 予備校  (★★★★★)

予備校は講師の授業の質が悪いとクビになったり給料の下がる完全実力制のところが多く、1年単位で契約している講師が多いです。そのため生き残っている予備校講師は実力をがあり、わかりやすく教える先生しかいません。

 

結果として、予備校の授業の質はどこよりも高く圧倒的にわかりやすい授業です

 

2位 オンライン塾 (★★★☆☆)

使うオンライン塾によってまちまちだが、総じて学歴の高い学生や講師が多い印象。実際スタディサプリは元予備校講師が多く、本を出版しているような著名な先生も多い。またオンライン家庭教師ネッティーも高学歴の先生を選べるので、総じてレベルは高い。

 

3位 家庭教師 (★★★☆☆)

家庭教師もオンライン塾と同じで、学歴を選んで受講することでlきるとこが多い。そのため講師の質も高いところが多い。しかし選ぶ家庭教師によっては本当にハズレの時もあり、あたりハズレが激しい。

 

4位 学習塾 (★★☆☆☆)

大手学習塾は給料が低いため、大手学習塾の講師陣はかなり学歴が低い人が多い。講師の最終学歴がMARCH未満の講師も多く危険である。講師に最終学歴を聞いて隠すような塾は行くべきではない(体験談あり)

 

しかし講師の質が知りたければ、塾の給料を調べれば講師の質はだいたいわかる

 

逆に個人の塾は『〇〇大出身者が教える』みたいな塾が多く、個人でブランディングをしているので、個人塾の方が先生の偏差値の高いことが多い。なぜか早慶出身の人がなぜか多い印象。

 

大手の学習塾は教えられるレベルに限界があることが多いので、授業内容的にはオススメしない。(レベルが低い)

 

勉強するための学習環境

 

1位 予備校   (★★★★★)

受験という意味で勉強する環境は整っている。赤本も大量に持っていて、早慶・マーチ・国公立に至るまでありとあらゆる赤本がそろっていた。さらに自習室の席が満帆になることはほぼなく、いつでも勉強したいときに勉強できる環境が揃っていた。

 

さらにわからないところがあればいつでも聞けるようなシステムを持つところが多く、そういった勉強環境という意味では予備校に敵うものはいない。

 

2位 学習塾 (★★★☆☆)

学習塾は勉強環境としては悪くはないといった感じである。自習室もあり赤本もあるが、ともに数が少ないことが多く、受験生同士で取り合いになることが多い。またわからなかったことを聞くときも、先生自体が勉強できない人も多く聞いても無駄なこともあった。

 

勉強環境という意味では悪くはないがすごいいいというわけでもない。

 

2位 オンライン塾 (★★★☆☆)

選ぶオンライン塾によっても変わり、勉強環境は家または図書館なのでいいか悪いかはその人次第である。赤本に関してはスタディサプリ(月額980円)で、大学の赤本を2年分ずつダウンロードできる。

 

さらに勉強を聞くという意味では、オンライン家庭教師のネッティーは進路指導・勉強指導ともにレベルが高く、質はかなりいい

 

つまり家で勉強できる人であるかどうかが問題となる。

 

4位 家庭教師 (★★☆☆☆)

家庭教師もオンライン塾と環境はほぼ変わらない。家で勉強できるかどうかが焦点となる。

 

しかし一点だけ大きく違うのは、赤本が家庭教師の先生に借りるしかないという点だ。その部分をスタディサプリなどで補うのであれば、オンライン塾と全く変わらない。

 

通いやすさランキング

 

1位 オンライン塾   (★★★★★)

場所は全く関係ない。インターネット環境さえあればどこでも大丈夫。

 

家でなくてもいいのはかなり大きなメリットであり、自分の好きな環境で勉強できる。

 

1位 家庭教師 (★★★★★)

場所は基本家になるが、家で居心地がいい人であれば全く問題はない。

 

3位 学習塾 (★★★★☆)

学習塾はありとあらゆる場所にある。各駅ごとにあるので学校帰りに通うようであればあまり問題にはならない。

 

しかし土曜日、日曜日も学校近くまで通うのは少し面倒だったりする。

 

4位 予備校 (★★★☆☆)
予備校は最近は一気に少なくなった印象。特に代ゼミが少し前に撤退してから、大きな都市しか予備校は残っていない。(関東圏・関西圏・地方都市は問題ない)

 

地方に住んでいる人は予備校まで通うのは大変かもしれない。

 

性格別の塾の相性一覧

 

 

個人的に性格別に向いている塾を選別してみました。(よかったら参考にしてみてください)

 

こういう性格はどうですか??というのがあれば問い合わせページの方にお問い合わせください。(できる限り返信します)

 

塾選び総合評価ランキング

 

総合ランキングです。いろんな意見があると思いますが、私としてはだいたいこんなイメージで問題ないと思います。もし何か意見や質問がありましたら問い合わせページまでご連絡ください。

 

なかなか馴染みのないオンライン塾ですが、東進ハイスクールのような塾ができて以降、急速の大きな規模になってきています。もちろん使い方次第ではありますが、かなり使い勝手が良く効率のいい勉強ができることは間違いありません。

 

塾の中では1番のオススメとなっています。特におすすめしているのは『オンライン授業のスタディサプリ』と『インターネット家庭教師のネッティー』です。この2つはかなり安く塾費用を抑えられて、授業の内容も大変室の高いものとなっています。

(クリックすれば詳しく私が説明したページに飛びます)

 

かなり詐欺に近い塾があることも知っておこう

勉強を全く教えられないような人が、塾長をやっているような塾もありますし、大学生が授業をやっているのに隠すような塾も存在します。授業の質があまりにも酷すぎて、生徒から文句が出るような塾もあります。

 

さらに1番たちが悪いのが、話が面白いが勉強はできないというタイプです。話が面白いことはいいことですが、勉強を教えてくれるわけではないので、全く受験には役に立ちません。特に大学に入った後の面白話ばかりするような人には気をつけましょう

 

大学の面白話をする人は勉強できないことが多いです。

 

ある塾では、数学を教えらる人が一人もいないといった塾も存在します。正直大手でも場所によっては人手が足りずに、理系を教える人がいないこともあります。すぐに講師が変わるような塾は危険度MAXで、講師が塾の待遇の悪さでやめていっている可能性が高いです。(もしくは鬱になって辞めてます)

 

 

絶対にやってはいけない塾の選び方3選

合格実績で塾を選ぶ

全部の塾がそうとは言いませんが、合格者数を水増しするような塾も存在します。実際大手塾・予備校の灯台の合格実績を足し合わせると、東大の合格者数よりも多いです。

 

頭のいい人に頼み込んで塾に入ってもらい合格実績を作るようなとこもかなり多く、合格実績はあまり当てにしない方がいいと思います。塾で一回も見たことないのに合格実績が乗っているようなこともあります。

 

さらに大学受験はいろんな大学を1人で受けることができるので、頭のいい生徒が一人いるとたくさん合格してもらって合格実績を底上げするという方法もよくある手口です。

 

合格実績は見てよかったとしても、あまり当てにはしないほうがいいですね。

 

友達が行っている塾に行くのは危険

友達に誘われたからといって、同じ塾に入るのはあまりおすすめできません。大学受験の講師をしていた経験から言うと、高校生は授業のサボりがめちゃめちゃ多いです。

 

特に大学受験では友達遊んで授業を休む生徒が本当に多いです。(結構ガチです)そのため友達と同じ塾に通うと間違いなくサボり率が上がり、塾に来なくなります。なので仲良い友達とは違う塾に入るほうが良いでしょう。

 

また性格によって向いている塾と向いていない塾があるので、『友達が行くから行く』と言うのはおすすめできません。

 

塾の名前だけで決めてしまう

塾の名前だけ決めるのもあまりおすすめできません。

理由は塾の費用はそんなに安いものではありません。さらに一度塾に入って勉強を始めてしまうとなかなかやめることができません。 そのため選ぶ前によく考える人ようがあります。

 

さらにこの時塾の内容を見て、噂を聞いたり評判を調べるだけでなく、『本当に性格にあった塾かどうか』を調べておく必要があります。本当に性格に合うような塾であれば、あなたの偏差値はかなり上がります。

 

選ぶ前によく考えておきましょう。

 

塾は絶対に行く前に無料体験しておこう

変な塾や自分とは合わない塾を見極めるには、無料体験でまずはいろんな塾を見て見ることが一番の近道です。今はほとんどの塾で無料体験を行っています。

 

無料体験は最低でも4つは行っておきたいところです。また違った種類の塾(予備校・オンライン塾・家庭教師)と回って見るのもいいかもしれません。自分にあっているかを肌で感じることができます。

 

チェックすべきポイントは以下にう記しておきます。

 

授業の内容や質

まず何と言っても授業の質や内容を見ていきましょう。授業の質が悪ければ当然勉強の効率は下がっていきます。また授業を受ける時間がもったいなく感じてしまうでしょう。

 

なので授業が自分には簡単すぎると思ったり、先生の説明が下手だと思ったらその塾はやめておきましょう。また自分の授業が受け終わっても、他の先生の授業も見て観察しておきましょう。一人だけレベルが高くてもほかの教科がダメでは意味がありません、自分が受ける可能性があると思って、本気でチェックしましょう。

先生との相性

塾の講師は好きになれとは言わないが、嫌いではどうにもならない。もしあなたが教えてくれる塾の講師が嫌いだと絶対に勉強しません。勉強するのも嫌になってくると思います。

 

逆に塾の講師のことを人として尊敬できたりする場合は勉強もやる気になりますし、素直に指示にしたがえます。こうしていい信頼関係が結べる塾は間違いなくあなたを伸ばしてくれるいい塾です。

 

結構クソみたいなのもいっぱいいるので、あなたがその講師を人として尊敬できるか(好きになれるか)を考えて塾選びはしましょう。

 

勉強環境

最後に勉強環境を見ておきましょう。例えば塾のトイレが汚いのは意外と気になりますし、勉強する気持ちになりません。(私は個人的にトイレは気になりました)

 

他にも

  • 自習室のMAXの人数
  • 赤本の数
  • 塾講師の人数と教えられる教科
  • 進路指導のサポート体制

くらいはチェックしておきましょう。

 

特に理系の方は塾の講師に何人理系がいるかはチェックしておきましょう。想像以上に理系の先生は少なく、質問に行っても勉強を見てもらえません。特に物理や化学、数学IIIは人数が少なくて貴重な人材です。

 

塾側のよくいう『サポートの人がいるから大丈夫だよ』は以外と”大丈夫ではありません”(塾も予備校もそうでした)

 

 

オンライン塾は簡単に無料体験できるので最初ならおすすめ

いろんな塾を体験して見て自分の合う塾を探して欲しいですが、オンライン塾は個人的にかなりおすすめしています。

 

特に

  • インターネット家庭教師ネッティー
  • オンライン授業型のスタディサプリ

この辺りは簡単に無料体験できるのでオススメです。

 

塾にわざわざ行くのって少し緊張しませんか。私は新しい塾とか緊張します。最初から塾で体験受けるのは緊張すると最初は軽いオンライン塾の体験から始めてその授業の内容基準にして授業の質を見比べて行くといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-オンライン塾・家庭教師, 塾・教材の選び方

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2018 All Rights Reserved.