大学受験 大学受験のメンタル

受験生は息抜きしないと大学に落ちる|休みこそが必要な理由とは

更新日:

 

今まで学校でも、部活でも、『休みなく頑張れ』と言われた人も多いと思う。

 

しかし本当に休みなく頑張るよりも、適度な休憩を取ることで勉強の質はすごく向上させることができる。

 

この記事を読んで欲しい人

  • ひたすら勉強してるが伸び悩んでいる人
  • 勉強しすぎて心を病んでしまった人
  • 休みなく頑張ることに疑問を感じている人

この記事の内容
  • 息抜きする受験生は合格を手にする
  • 息抜きの仕方がわからなかった僕の末路
  • 息抜きのやり方と注意点

 

 

【恐怖】私が息抜きしないで”死にかけた話”

僕は浪人生の時に勉強のしすぎで、身体がおかしくなり死にかけたことがあります。

 

そのとき僕が体験した体の変調は

  • 食事が止まらず半年で10kg以上太る
  • 夜に眠れなくなり、慢性的に睡眠不足
  • 腰痛でコルセットなしで座れなくなる

 

といったものです。コルセットなしで座れないくらい身体がおかしいので勉強はできませんし、もはや勉強どころではありませんでした。

当時は鎮痛剤を飲んで勉強していた、下手したら本当に死んでた

 

さらに私は勉強できない不安から、周りの話を無視して勉強だけを続けていきました。これでは周りから受験情報を聞くこともできませんし、体調もよくならない。僕は完全に受験の蟻地獄にはまっていきました

 

当時私は身体がどんどんと太っていき『白鵬』と呼ばれ、腰の痛みと頭痛で身体がボロボロで、勉強できない不安から睡眠不足になり、最後は心もおかしくなってしまいました。

 

そこで初めて自分は『このままだと受験に殺される』と気づいて病院に行ったのです。このとき体の変調をそのままにしていたら本当に死んでいたかもしれません。

 

 

そのときの詳しい体の変調はこちらです。

 

 

効率のいい私の友達

一方僕の友達は、入った頃はほとんど同じような成績で、僕と同じように国立を目指していました。しかしその友達は月に一回は友達と遊んで、昼ごはんもゆっくり食べて、7時ごろになると家に帰っていました

 

さらに昼間になると昼寝をして、15分ほど寝ていたのです。

 

私はなめてるやつだと思って、こいつには絶対負けたくないと思っていました。今思えば、負けたくないという気持ちで先走っていたのです。どんどん勉強時間を増やしていき、寝ている以外の時間は勉強しているくらいにはなりました。

 

しかし実際に模試を受けてみるとびっくり。その友達とはむしろ差は開いていました。

 

私はここで、勉強って時間やればいいわけじゃない『息抜きも大事』ということに気が付いたのです。息抜きをしている友達の方が私よりも偏差値を上げていたのです。息抜きをしないで勉強しても友達には勝てないと確信したことで、勉強への考え方・息抜きの大切さに気がつけたのです。

 

この当時の私は知るよしもありませんが、私は息抜きの大切さに気が付いたことで、偏差値をぐんぐんと伸ばすようになったのです

 

 

息抜きをするメリット4選

私はこうして息抜きをするよになりました。そして明らかに息抜きをするようになってから、成績・身体・心・環境といったあらゆる面が変わっていきました。

 

いろんな部分が変わっていきましたが、私が息抜きをするようになってから特に変わったと思うようになったことを紹介していきます。

 

① 集中力が長持ちする

息抜きは集中を長持ちさせます。集中力には限界があり、長い時間ずっと集中し続けることはできません。

 

そのため自分で、50分勉強→10分休み→50分勉強 のように休憩をとりましょう。適度に休憩を取ることで、長時間集中を続けることができます。集中力が続けばその分勉強の効率の上がり、勉強も成果が出るようになりました。

 

勉強は『時間だけできまる』というわけではないという証拠です。

 

② 時間の使い方が上手くなる

次に時間の使い方が上手くなるというのを実感しました。

 

目標まで到達する時間が早くなり、同じ作業量でも早く終わるようになったのです。私はそこで無理するようなことはせずに、その分休憩時間を伸ばしたりしてました。

 

長く勉強していないの成果が出せる、体を壊すまで勉強しなくても偏差値が上がると言った現象が起きました。

 

正直日本の企業も『時間で評価する文化』のせいで低い生産性なのだと思います。”時間”ではなく”成果”で評価するようになれば、集中力も上がり時間効率も上がることでしょう。

 

これを読んでいる人は、時間ではなく成果で自分を評価して、時間効率をあげていきましょう

 

③ 心や身体を健全に保てる

心や身体を病んでしまったらやっぱり意味ないですよね。(反省してます)

 

周りも見てて嫌だと思うし、何より受かったけど廃人とかなんのために受験したんだよという話になります。さらに身体や心をやむと勉強効率も下がり、それを取り返すために長時間勉強するという悪循環です。全くもって意味がない時間です。

 

身体や心は生きて行く上で一番大事なもので、ここをおかしくするような生き方はやめておきましょう。後々の人生を大きく狂わせてしまうほどの恐ろしさがあります。

 

④ 刺激を受けてやる気up

最後に息抜きしているときに周りと話すことで、ストレス発散・情報収集ができるのも大きなメリットです。

 

私はもともとおしゃべりな性格で、喋らないこともだいぶストレスを感じるタイプです。なので友達と話すと時も忘れてしまうくらい楽しいですし、何よりストレス解消になります。

 

さらに友達と喋っていると新しいひらめき・考え方・情報と言ったいろんなものが手に入れられます。こう言った刺激は頭にとってかなりいいもので、頭を活性化させるために必要な刺激です。

 

このように頭に刺激を与えたり・ストレスを解消することで勉強のやる気も上がってさらに勉強効率も良くなります

 

 

オススメの息抜きの方法5選

① 音楽を聴く

音楽をきくのは手軽で簡単にできて、脳にもいいとされています。音楽はちょっとした10分程度の休憩では大きな効果を発揮すること間違いありません。

 

クラシック音楽はリラックス効果も高い問い合われています。その中でも『モーツァルトの曲』はリラックス効果が高いことで有名です。モーツァルトの曲はα波という、人がリラックスしているときにです脳波が出やすいという研究結果があります。

 

そのため『勉強の隙間にモーツァルト』という感じで勉強していきましょう。

 

私はクラシックはあまり興味がなかったので聞いていませんでしたが、いまになると聞いておけばよかったと後悔しています。(まだまだ偏差値伸ばせたな・・・)

② 散歩する

散歩は有名な偉人たちが数多く趣味にしていたとして、かなりオススメの息抜きの方法です。

 

例えば、ベートーヴェン・ダーウィン・チャイコフスキー・フロイト・アインシュタインなどの偉人が趣味は散歩であったとされている。

 

散歩は脳内のセロトニン(伝達物質)を分泌させ、注意力を高めアイディアを浮かびやすくされると言われている。また頭の中が散らかっている際に、頭の中をまとめるのにも効果があるとされている。

 

そのため、『数学の勉強していてどうしてもわからなくて詰まってしまった』というときには何も考えずに散歩をするといい。なぜか急に思い出しておけるようになったりする。

 

これは孵化効果と呼ばれる現象で、散歩や100ます計算など全く違うことをしていて急に思い出すという、アレである。

 

そのため友達と散歩でもしてはいかがだろうか(受験終わった後に付き合いたい女の子とでも・・・)

 

③ 運動する

運動も心の面・体の面で効果的な息抜きになります

 

運動といってもランニング・ストレッチ・筋トレなどのものがいいと思う。身体の調子を整えて勉強にもつながる。

 

さらに運動は心を鍛える効果もある。実際部活をやっている人は、苦しい瞬間に一踏ん張りできる強いメンタルを持っている人が多い。これは受験やこれから先の人生でも、間違いなく大きく役に立つ。

 

つまり身体と心を鍛えられる運動はオススメしたい息抜きの1つです

 

④ 友達と話す

友達と話すのが嫌いな人はそうそういないと思います。

 

ストレス発散の手段として、友達とファミレスで愚痴り合うというのは最高のひと時です。受験生ならではのぐちは受験生同士でしか話せません。特に同じような立場(国立・私立や理系・文系)の友達と話すとストレスは大きく解消されます。

 

頭を強制的に休憩させようと思ったら、友達と話すのは有効です。ただし話に夢中になって勉強を忘れることの内容に気をつけてください。

 

⑤ 昼寝をする

15分くらいの昼寝は眠気を一気に吹き飛ばしてくれて、短期記憶を長期記憶に移してくれる最高の時間です。(何と言っても気持ちいいです)

 

さらに15分程度の昼寝は数時間の睡眠と同等の価値があるとされていて、睡眠時間を少なくするためにも必須となっています。

 

ベッドに寝るのは深い睡眠になってしまい目覚ましにかがつかないこともあるので、寝るときは勉強机にうつ伏せに寝ることをオススメします。ヨダレが垂れないようにタオルは引いておきましょう。

 

息抜きがサボりにならないための注意点

受験で息抜きはサボりではありませんが、一歩間違えばサボりになってしまいます。

 

息抜きがサボりになってしまわないためにはルールを作るといいでしょう。私が息抜きをする時に作った3つのルールを紹介していきます

 

① 時間を区切る

50分勉強→10分休憩など自分でルールを決めておきましょう。時間を決めてその間に友達と話したり、散歩したり息抜きをしてください。

 

そうしないと、息抜き自体が楽しくなってしまい無駄に時間を使ってサボってしまうようになります。

 

『ちょっと塾の外でしゃべるつもりがずっと喋ってしまった・・・』ということのないように自分で時間を決めて息抜きをしましょう。

 

② ご褒美として使う

あくまでも息抜きはご褒美という感覚を持っておきましょう。自分のやるべき内容ができたご褒美として息抜きしているという認識でいることが、その後勉強に戻るときにやる気を落とさないコツです。

 

ご褒美ではなく、当然のものと考えてしまうと、心に隙ができてしまって自分に緩くなってしまいます。そのスキこそが落ちる原因になってしまいかねません。

 

サボりと息抜きの境界は微妙で難しいですが、きっちり自分で線引きをしてギリギリまで追い込めるようなメンタルでいることを心がけましょう。

 

③ ゲームや漫画は息抜きにしない

受験勉強の息抜きとして、ゲームや漫画はやめておきましょう。

 

私は家に500冊以上の漫画があり極度のゲーマーです。ゲームや漫画を始めると時間も忘れてずっとしてしまいます。意思が強いとか弱いではなく、依存症のレベルです。

 

きっと思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか??『この一冊だけ読んだら・・・』『このステージだけクリアしたら・・・』と正直キリがありません。

 

そもそも息抜きとしてゲームや漫画はやめておきましょう

 

伸びない奴ほど勉強の『時間』が長い

本来勉強は時間を勉強すればその分伸びて行くのは当然です。1日3時間でも東大に合格するなんてことは100%ありません。『1日5分で第一志望に行ける塾』は間違いなく詐欺です。

 

勉強に時間をかけず楽に合格することは100%できません。だって勉強の質を上げるためには最低限の勉強時間が必要だから。

 

しかし勉強時間が長いと偏差値も伸びて合格できるのかというと、そんなことはありません。『ただ単に勉強時間が長いは大学受験では落ちる人の特徴です

 

昔の私のようにただ勉強時間が長い人にはならずに、時間をうまく使って効率よくたくさん勉強できる人になりましょう

 

受験の具体的な勉強時間については以下の記事で紹介しています。

 

 

まとめ

 

  • 息抜きすると成績は上がる
  • 効率よく勉強しよう
  • サボりではなく”息抜き”をしろ
  • 受験に殺されるな(体験談)

私の二の舞にならないようにきっちり体調管理をして、適切な息抜きをとって、効率のいい勉強をしてください

 

 

 

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-大学受験, 大学受験のメンタル

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.