オススメの教材 塾・教材の選び方

受験シーズンにオススメの漫画5作品|受験のモチベーションが回復するマンガ

更新日:

 

やる気が出るとき、やる気が出ないとき色々ありますよね。実際ねどんなに意識高い人でも、やる気が出ない日なんてみんなあります。

 

でもそんな時に『どうやってモチベーションを回復させるか』ってすごく重要です。

 

私のモチベーション回復方法はいくつかありますが、その中でも私がモチベーション回復に使うのが漫画です。

 

この記事では、受験でやる気が出なくなった時に読みたいオススメの漫画を紹介していきます。

 

 

 

① ドラゴン桜

受験漫画の王道といえば、『ドラゴン桜』。ドラゴン桜はドラマ化もされていて、ドラマと漫画でそれぞれ違うエンドが用意されています。

 

私の個人的な感想ではドラゴン桜は『漫画の方が100倍面白い』。

 

ドラゴン桜のストーリーはまったくの最底辺高校出身の2人が、1年で東大の合格を目指すというすトーリーです。

 

その中で大学受験とは何か、社会の構図とは何か、勉強する意味とは何か、様々なことが学べる漫画です。

 

 

 

こんなこと学校の先生はまず教えてくれませんが、社会の真理です。勉強しないでバカだと頭のいい人たちに食い物にされる。

 

知らないというだけで人生が不利になる場面もよくある。

 

 

さらにこの漫画は名言が異常に多い。

 

例えばこれ

 

ルールは作る側に回れ』これはこの漫画の最高の名言です。

 

そのルールは誰が得をするのか知っていないと、ルールに翻弄される。さらにルールは『ルールを作った人が有利になる』よう作られている。

 

つまりルールは作る人が最強、ルールを知らない人が最弱になるのです。

 

受験でも『ルールを知らない人は負ける』ことは同じ。受験のルールをきちんと知ろうという意味で発言されています。

 

 

さらに具体的な勉強方法まで教えてくれているシーンも多数あります。

 

 

ドラゴン桜は漫画なのに受験の役にたつ最高の漫画です。正直いって学校の教師の授業よりも実践的で為になる内容と言っても過言ではありません

 

受験のバイブルとして『ドラゴン桜』はオススメの1冊です。

 

 

② 二月の勝者

こちらは最近急上昇中の受験漫画です。何がすごいって『中学受験業界を赤裸々に』書いている点ですね。

 

ストーリーは新任塾講師の佐倉麻衣(主人公)と中学受験トップ塾(フェニックス)から転職してきた新校長の黒木蔵人を中心として、受験塾や受験業界・保護者や子供達について真実が描かれた作品です。

 

特にこの漫画の面白いところは、漫画内でのキレのある言葉の数々。

  • 君たちが合格できたのは父親の『経済力』。そして母親の『狂気』。
  • 受験塾は、『子供の将来』を売る場所です
  • 凡人こそ中学受験をすべき

 

 

 

今は中学受験も本当に盛んで、私が子供の頃じゃ考えられないくらいの人が中学受験をしています。そんな中で本作は都内の小学生は10万人いて、中学受験者数は2万5千人。さらに第一志望に合格できる生徒は約3割。

 

といった受験業界の本当の姿を書いています。(大学受験は第1志望を合格する人は1割くらいです)

 

他にも

  • オープンテストの役割
  • 塾でのいじめ
  • 塾講師の受験校での応援
  • 受験させたい母親とさせたくない父親

と行った受験業界あるあるを描いていたりしまう。

 

こういった受験業界の裏側を知るとかなり勉強のやる気も出ます。大学受験に通じる受験テクニックもかなり多く読み応えは抜群です。

 

 

 

③ 闇金ウシジマくん

これぞアングラ系漫画の代表作とも言える『闇金ウシジマくん』。実写化もされて知っている人も多いのではないでしょうか??

 

闇金ウシジマくんのストーリーは、闇金融カウカウファイナンスの社長のウシジマくんとその周りの裏社会を中心とした、世の中の闇をリアルにrがいている作品です。実際に著者が取材によって直接話を聞きに行っているので、話が本当にリアルにできています。

 

 

 

『闇金ウシジマくん』は一見受験のモチベーションにはならない漫画です。しかしこの漫画で出てくる人はほとんどが社会の底辺(低学歴)が多いです。実際に高校中退者や道をそれてしまった人も漫画中にたくさんでてきます。

 

こういった人にはなりたくない』というマイナスな気持ちから勉強のモチベーションはかなり上がります。絶対にこうはならない、負けてられないという気持ちを強くしてくれる作品です。

 

 

地獄の底まで追い詰めて借金に取り立てをする姿は、本当に怖いです。少しやる気でない、最近ゆるみがち、勉強する意味がわからないという人は必見です。いちど受験期に見ると、気持ちグッと引き締まり、気合がが入ること間違いありません。

 

 

④ 新宿スワン

続いて紹介したいのが、『新宿スワン』という漫画。この漫画もアングラ系の漫画で、映画化までされた有名漫画。

 

新宿スワンのストーリーは歌舞伎町でパチスロで生活しようとし失敗した白鳥龍彦が、真虎に誘われてスカウトに入る物語である。

 

内容はスカウト編が最初はメインだが、後半では闇金やホスト、やがてはヤクザまで絡んでくる。王道のアングラ漫画である。

 

ウシジマくんに比べるとかなりマイルドな漫画であるが、ドロドロしたのが苦手な人には新宿スワンを読んで欲しい。

 

 

⑤ バクマン

 

 最後に私の大好きな青春ストーリー漫画『バクマン』を紹介していきます。

 

 

バクマンは、同級生2人真城最高と高木秋人が漫画家になるという夢に向かって全力を注ぐという青春漫画です。

 

 

2人の漫画がアニメ化になり、その漫画のヒロインをできたら主人公真城最高と結婚する。という約束をするというところから始まる、激アツな漫画です。(アズきゅんは最高に可愛い

 

 

内容も受験だけでなく、すべての人が生きる上での指針になるような名言も多い。もちろん受験にも通じるような心構えや名言も多く、バクマンを読んだ後にはやってやるぞという気持ちが自然と湧いてくる名作です。

 

  • やる気が出ない
  • ドキドキしたい
  • 全力を出したい
  • 絶対にモテたい

 

こういう人は絶対に読みましょう。買って後悔はしません。

 

 

まとめ

受験漫画以外も紹介しましたが、受験にやる気が出ない人やちょっと疲れてしまった人が読めばやる気も復活する名作をチョイスしました。

 

勉強の合間や息抜きの際に読んで見てください。

 

 

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-オススメの教材, 塾・教材の選び方

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.