大学受験 大学受験の勉強法

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

投稿日:

 

推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。

 

推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを下げて受けろ』と受けることを止められることも多いです。

 

この記事では

  • 推薦入試で評定ギリギリでも受かるの??
  • 評定ギリギリでも受かる人の特徴
  • 評定ギリギリの人にお勧めしたい勉強法
  • 推薦受験者の一般受験対策

を紹介していきます。

 

推薦入試ギリギリで受かるの??

 

A.落ちると思って行動する方がいい

 

推薦には大きく指定校推薦と公募制推薦の2つがあります。この2つはやや推薦の性質が異なるのでわけて説明します。

 

① 指定校推薦

指定校推薦の場合は、学校の中から推薦されれば95%は受かります。しかし評定がギリギリの場合は学校内推薦で落ちる可能性が高いです。

 

指定校推薦では評定よりもかなり余裕を持って受けるのがスタンダードです。なので校内選抜になった場合、評定ギリギリの人が落とされます。

 

つまり、指定校推薦は余裕を持って受けるか、落ちてもいいように勉強するのがオススメです。

 

② 公募制推薦

公募制推薦は推薦とは言っても、募集人数が少なく倍率が高いことも多いです。そのため公募制推薦はほとんど一般受験と変わらない難易度になります。

 

つまり公募制はほぼ受かる指定校推薦と違って、落ちる可能性が高いのです。特に評定がギリギリの場合は、他人よりも秀でているものがない限り合格できません

 

さらに公募制推薦の場合は、学科・小論文の試験がある場合も多いです。つまり普通の受験お準備が必須になるので、あまり推薦で受ける意味はありません。

 

 

指定校推薦と公募制推薦総合して考えても、評定がギリギリの場合は合格が難しいと言うことがわかります。

 

 

評定ギリギリでも推薦で受かる人の特徴

  • 生徒会長(業績つき)
  • インターハイなどの全国レベルの実績あり
  • 海外留学
  • その他の課外実績(数学オリンピックなど)

と特別な成績がある人は評定がギリギリでも合格します。簡単に言うと『成績以外にすごいもの』を持っていれば評定の差もひっくり返して推薦を受けることができるでしょう。

 

推薦入試では、こういった課外活動の評価は大変高く評価されます。そのため高校の評定が高くても逆転は十分可能なのです。

 

一方、学校の成績以外に取り柄のない人は評定ギリギリでは合格できないと思いましょう。

 

理由は

  • 成績が自分よりも高い人がくるとアウト
  • 課外活動の実績がある人が来たらアウト

と評定ギリギリでは勝てることが非常に少ないのが現実です。

 

 

推薦入試の評定がギリギリの人の2パターン

推薦入試で評定がギリギリの人は、2パターンを選べます。

  1. 学校のレベルを下げる
  2. ギリギリの大学を受けつつ、一般受験の対策をする

私のオススメは、ギリギリの大学を推薦で狙いつつ、一般受験の対策をすることです。

 

 

推薦と一般受験の両刀のメリット

  • 単純にチャンスが2回ある
  • 推薦で受かってしまえば勉強をやめれる
  • 一般入試の方が受かりやすいことも多い

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

 

推薦と一般両方受けることはWチャンスでお得。2回受ける方が合格する確率が高いからオススメということです。さらに推薦で合格してしまえば、残った高校生活は好きなだけ謳歌できます。

 

合格してもしなくてもお美味しいといわけになります。

 

一方推薦入試だけに絞ってしまうと、推薦に落ちてしまった場合に何もできません。だから推薦で受ける大学を決めている人も『一般受験の対策は必ずしておきましょう』。

 

 

推薦入試を人も一般の勉強をしておこう

推薦入試を受ける人もリスクヘッジのために『一般の勉強は必須』です。

 

もちろん推薦一本に絞って受かる人もたくさんいます。しかし合格しなかった時のリスクが大きすぎるのも事実です。

 

とはいえ、推薦の勉強も一般の勉強もすると時間が足りないと思います。そんな時間がないあなたにオススメしたいのが『スタディサプリ』と『オンライン家庭教師』です。

 

スタディサプリ

スタディサプリはリクルートが提供している、オンライン授業が受けられるアプリです。

  • 費用が一般の塾に比べて安い
  • 授業は15分単位でスキマ時間に受けられる
  • スマホ一個で外出中でも勉強できる

といった数々のメリットがあります。実際最近は高校などでも導入されている例が多くあります。

 

もしあなたが

  • 推薦と一般の両立する時間がない
  • 単語帳以外を電車の中でやりたい
  • 受験対策を効率よくやりたい

と思っているのであれば『スタディサプリ』はオススメです。

 

今なら無料体験実施中です。善は急げ。今すぐ始めましょう。

 

 

 

あわせて読みたい

 

 

まとめ

推薦入試の人へのアドバイス

  • 評定ギリギリは基本的に厳しい
  • 他に特技がある人が優先的に合格する
  • 学校のレベルを下げないで、一般対策もするのがオススメ
  • 勉強の両立が難しいなら『スタディサプリ』がおすすめ

 

推薦入試で合格することも諦めずに頑張って欲しいです。しかし一般の対策もしておく方が、安定感は違うと思います。

 

ぜひどちらも手を抜かずに頑張って欲しいと思います。

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-大学受験, 大学受験の勉強法

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.