大学受験 大学受験の勉強法

大学受験の日程の組み方きちんと把握してますか??|知らないと損をするよ

更新日:

 

受験日程なんてどうやって決めていいんだよ。滑り止め、挑戦校??よくわからんって人も多いと思います。

 

私も滑りどめをたくさん受けておくべきか、その分挑戦校を受けるべきか??とすっごく迷いました。

なので今日は受験校を選ぶ時に気をつけたいことについての話をしていきます。

 

 

この記事を読んでほしい人

  • 第一志望は決まってるけど日程が決まらない人
  • 受験校が遠い人
  • 何校受験すればいいのか知りたい人

 

 

この記事の内容は

  • 受験校のバランス
  • 受験校は順番が命である
  • 連続日程の危険性

についてで、受験校決めには必須の考え方が満載です。

 

 

受験校の難易度はバランスよく

自分の偏差値から受験校を考えると

  • 挑戦校  (自分の偏差値 +3以上)
  • 実力相応校(自分の偏差値 ±3以内)
  • 滑り止め (自分の偏差値 −3以上

と分類されます。そして受験校のバランスは

 

文系の場合

  • 挑戦校  :  2校
  • 実力相応校:  6校
  • 滑り止め :  2校

 

理系の場合

    • 挑戦校  :  2校
    • 実力相応校:  2校
    • 滑り止め :  2校

 

くらいに収めるのがベストです。

 

上位の大学に行きたいという思いから超選考を増やしたい気持ちはわかります。しかし挑戦校を増やすのはあまり得策ではありません。挑戦校を増やしすぎると全落ちして浪人の危険が出てきます。そのため最低でも滑りどめは2校以上受けておきましょう

 

 

浪人覚悟で挑戦する場合

浪人覚悟で挑戦校を増やす人もいます。しかし必ず1つは滑り止めで受けておくことをオススメします。
浪人した時にこの経験の差が大きな差になります

 

 

 

受験校の日程は『簡単→難しい』で受ける

受験は必ず簡単な方を先に受けて、難しいのを後に受けましょう。

 

理由は先に簡単な方を受けて受験慣れをする必要があるからです。大学受験は模試と大きく違い、独特の雰囲気もあり飲まれてしまう受験生も多くいます。

 

そのため簡単なところでまずは心と体を慣らしてから、挑戦校に向かう方がベストの実力を出しやすいです。

 

なので1月の後半から2月の前半(受験初期)にすべりどめを受けておきましょう

 

第一志望よりも前に3校は受けておく

第一志望校を受験日程で一番最初に持ってくるのは”自殺行為”としか言えません。まず間違いなく落ちます。

 

あなたは今までどれだけ本番の試験を経験してきましたか??模試や資格を含めても10以下だと思います。それでは受験本番に対して『準備不足』です。

 

  • 本番慣れ
  • 緊張をほぐす精神力
  • 受験日の1日の流れ
  • 本番ならではの独特の空気

 

受験本番に必須の経験やスキルをつけるには、滑り止めを使って本番慣れをしておく以外の方法はありません

 

第一志望が早いタイミングにあったとしても最低3校、できれば5校は受験をしておいて本番慣れをしておくことが、第一志望合格には不可欠です。

 

 

第一志望の前日の日程は空ける

第一志望の前日に他の大学の受験をするのはやめておきましょう。受験はたとえ滑り止めであっても体力的にも精神的にもとても疲れます

 

第一志望の受験日に体力も精神力も完璧な状態で受けなければ、100%受かることはありません。ギリギリの勝負で勝ち切るためには『あなたの全てを出しきること』が必須条件です。

 

そのため第一志望校の前日は開けておいて

  • ストレッチ
  • 適度な運動
  • 睡眠時間
  • 志望校の赤本
  • 当日の準備

などに時間を使いましょう。これだけでも本番の合格率は大きく変わるでしょう。

 

 

連続日程はできるだけ避ける

受験の連続日程は

  • 文系で3日連続まで
  • 理系は2日連続まで

をおすすめします。

 

 

みなさんも死を受けたことがあると思います。模試ってかなり体力と集中力を消費しますよね。普通の人では、模試を3日連続なんて疲れて集中力を保つことはできません。

 

よって精神力、集中力、体力を十分保つためには、文系3日・理系2日の連続日程にしておきましょう。

 

さらに本番は模試や資格試験以上に疲れます

  • 場所が違くて遠い
  • 起きる時間が早い
  • 満員電車が疲れる

といったことがあるので、模試よりも体力の消耗が激しいです。

 

たくさん受ければ受かるわけではなく、自分の体力にあわせて受験日程は組みましょう

 

 

 

疲れない受験的テクニック

  •  本番に近くのホテルの泊まる
  • グリーン車などを使って行く
  • タクシーを利用する

 

 

まとめ

  • 受験校は(挑戦、相応、滑り止め)のバランスを考える
  • 受験日程は『易→難』で受ける
  • 第一志望の前日は空ける
  • 連続日程は文系3日・理系2日まで

受験日程を詰めすぎて落ちてしまったら、元も子もありません。必ずこの日程は守るようにして欲しいです。

 

 

 

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-大学受験, 大学受験の勉強法

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.