大学受験 大学受験の勉強法

大学受験で倍率は見るな!!|赤本買って倍率に驚いたあなたへ

更新日:

 

赤本を買って倍率を見て見ると

『募集人数が20人しかないの??』

『倍率20倍って受からなくね??』

と絶望してしまうこともあると思います。

 

しかし大学受験において倍率を見る必要はない、むしろ偏差値と最低合格点をみてください

 

 

この記事を読んでほしい人

  • 大学受験の倍率が高くてびびった
  • 大学受験の募集人数が少なくて受かる気がしない
  • そもそも倍率って何??

この記事のポイント
  • 大学受験では倍率は関係ない
  • 倍率よりも偏差値と最低合格点をみよう

 

 

大学受験では倍率は気にするな

大学は募集人数よりも多く取る

大学受験では、1人で10校近く受験するので、受かっても大半の人は合格を辞退します

 

そのため大学側も募集人数よりも多く合格者を出すのが普通となっています。つまり試験前に出ている募集人数よりも多くの人を合格させるので、倍率を見ても全く意味がないということです。

 

さらに偏差値が全く足りない人でも大学は受験することができます(記念受験)。そのため公開されている受験人数は、実際に本気でその学校に行きたいよりもかなり水増しされた受験人数になっています

よって大学受験では倍率と難易度が全く関係なく、倍率が低くても入るのが難しい、倍率が高くても入るのが簡単、といったことがよく起きてしまうのです。

 

赤本を買って不安になる気持ちもわかりますが、倍率はほとんど受験には関係ありません。全く気にしないで大丈夫です。

 

 

あなたも複数受ければ不利にはならない

大学受験では必ず複数受けるようにしましょう。理由はみんなもたくさんの大学を受けることでリスクを減らしているので、あなたも複数の受験をしないと、チャンスが少なくなってしまい不利な戦いになります。

 

また受験では本番の慣れが大きく結果に影響することも多いです。こういった経験の差やリスク管理は、たくさん受験することで解消できます。

 

なので大学受験は最低でも6校〜10校前後は受けておきましょう

 

 

 

 

大学受験では偏差値と合格最低点が重要

大学受験では倍率は全く気にする必要はありません。

 

では受験校をどうやって判断するかというと、『偏差値』『最低合格点』の2つを見て受験校の難易度を見ます。

 

夏前は模試をつかって偏差値を見て、夏より後は赤本を使った最低合格点を見流のが効果的です。

 

模試で自分と志望校の偏差値を知ろう

自分の偏差値を知るには、模試を受けるのが最も早く正確です

 

模試では

  • 自分の偏差値
  • 志望校の偏差値
  • 同じ志望校の人の人数
  • 苦手教科・苦手範囲
  • 全国順位

まで幅広く知ることができます。そのため大学受験では、模試を使って自分の立ち位置を確認するのが有効です。

 

自分の偏差値と受験校の偏差値の差こそが、あなたが勉強しなくてはならない量です。なので勉強のはじめのうちは赤本ではなく、模試の偏差値で自分がどのくらいの立ち位置で、何を勉強すべきなのかを決定しましょう。

 

 

 

赤本を解くときは合格最低点を意識しよう

夏以降は赤本で勉強することが多くなります。その時に見て欲しいのが、合格最低点です。

 

赤本を解いて自己採点をすると、あと何点で合格できるのかがハッキリと知ることができます。この合格最低点と自分の点数の差は、偏差値よりも合格までの距離を正確に表してくれます。そのためゴールまでの距離が正確にわかるので、合格最低点を使って赤本を解くことをオススメします。

 

この時受験校の赤本は数年分用意して、あと何点かを常に意識して受験校との相性や点数の距離を測っていきましょう。これこそが合格への最も近道になります。

 

合格最低点から問題の特徴を知る方法

 

実は偏差値が同じでも、大学によって問題の傾向が大きく変わるのが大学受験です。自分に有利な問題が出題される大学であれば、偏差値とは関係なく受かることも可能です。

 

有利か不利かを合格最低点から見極める方法を紹介します。

  • 合格最低点が高い →  問題が簡単(ミスをしないタイプが強い)
  • 合格最低点が低い →  問題が難しい(難しい問題を取れる人が強い)

 

あなたが凡ミスをしないタイプであれば、合格最低点の高いお大学を受けるほうが有利です。もし凡ミスは多いけど、難しい問題にも対応できるのであれば、合格最低点の高い大学を受験しましょう。

 

まとめ

  • 倍率は見ても意味がない
  • 夏前は偏差値、夏後は合格最低点を見る
  • 自分とあった受験校を選ぶと合格率が上がる

という内容でした。

 

よかったらこちらの記事もどうぞ

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-大学受験, 大学受験の勉強法

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.