大学受験 大学受験のメンタル

大学受験の不安解消法|死ぬほど辛いどんな時に見て欲しい

更新日:

 

 

よく大学受験は自分との戦いと言われますが、私もまさにその通りだと思ってます。自分がやると決めたことをやり切れるか、自分の勉強方法や量を信じて戦えるか、自分の考えを最後まで信じれるかで勝負が決まります。つまり受験は、自分をいかに信じて努力を継続するかが最も重要なのです。

 

頭では努力を続ければ受かるとみんなわかっているのです。とはいえどんなに努力しても、頑張っても自信をなくして不安になる瞬間はあります。先がわからない戦いだからこそ、自分を信じて努力することは難しく、常に不安との戦いになるのです。

 

今日はそんな誰もが経験する『受験中の不安との戦い方』について紹介していきたいと思います。

 

 

この記事を読んで欲しい人

  • 受験で頑張っても不安が拭えずに勉強をひたすらしている人
  • ストレスが溜まって吐きそうなくらいギリギリな人
  • 模試のたびに自分のできなさで、泣くギリギリの人

この記事の簡単な内容は

  • 不安なのは悪いことじゃない、むしろ良いこと
  • 誰でもできる不安を解消する簡単な習慣
  • 私がやっていたストレス解消法

 

受験で不安なのは良いこと、間違ってない

僕も受験の時には毎日が不安で不安で、不安に追いかけられながら勉強していた。受かりたい気持ち半分、落ちたら嫌だって気持ちが半分だった。でもそのことを友達に話したら、『俺だって不安だわ、不安じゃないやつなんていないだろ』って言われた。

 

みんな不安なのが普通で当たり前なんです。むしろ真面目にやっているからこそ、こんなに勉強してるのに落ちたらどうしようって不安になってしまうのです。

 

だからその話を友達としてからは、僕は不安を感じると『今日もちゃんと頑張れてる、偉いぞ自分』って褒めるようにした。これだけでも全然心持ちは変わったし、何より不安である自分も含めて認めてあげられるようになりました。

 

あなたもきっと落ちたらどうしようって不安になっていると思う。だけど不安なことは間違ってない。むしろあなたがどこまでも真面目に誠実に努力してる証が、その不安だってことを知って欲しい。

 

だから受験で不安なのは良いこと、間違ってない

 

不安の原因を知ると良い

不安って何が原因で起きてるのかわからないからこそ、不安になります。だから自分がなんで不安なのかをきちんと自分で知ってあげる努力が大事です。自分の不安を知るために、1つ1つ不安要素を書き出すようにしましょう

 

例えば

  • 模試の成績が思ってたよりも伸びてない
  • 本番力を出せなかったらどうしよう
  • 友達はどんどん伸びてる
  • 苦手科目がなかなかなくならない

etc・・・

 

自分の不安要素を1つ1つ書き出して見ましょう。そして書き出した不安に対して、解決策を1つ1つ横に書いてあげましょう。この書き出して、解決策を書くだけでとても不安は解消されます。

 

さらに不安を解消したものは、二重線で消していってください。そうするだけで、なぜか心の中の不安が消えていくような感じになります。

 

これは教育心理学でよく知られている方法で、不安を取り除くのに大変効果のある方法として知られています。ぜひお試しあれ。

 

誰でも簡単にできる受験不安の解消法

受験の不安を簡単に解消できる方法を紹介して行きます。解消法も心理学に乗っ取って考えてあるので、科学的な根拠もあります。なので実践するだけで簡単に心を前向きにすることができます。

① ポジティブな言葉を吐く

ポジティブな言動はポジティブな心を引き出して行きます。よく勘違いされるのですが、ポジティブな性格だからポジィティブな言動が多いのではありません。ポジティブな発言をするからポジティブな性格になれるのです。

 

これは私も実際にやって見たことがありますが、ポジティブな言動をすると明るい人も集まってきて楽しい毎日が送れるようになります。どんなに辛い時でも強気で勝気で、発言していってみてください。

 

最初は『どうした??』って思われるかもしれませんが、慣れればみんな受け入れてくれます。しかしポジティブ発言をするだけなので誰でも簡単にできて、すぐ行こうかの現れる即効性が高い方法になります。

 

もし恥ずかしいから知られたくない人は、小声で自分に強気の言葉をかけても効果はあります。ただしできるならみんなの前でやってしまう方が開放感もあり、効果も高いです。

 

② 合格のイメージをする

ポジティブなイメージも不安解消に大変効果のある方法です。しかもポジティブなイメージは一度できてしまえば、簡単かつ早くイメージを浮かべることができます。そのため不安を解消するためには必須の方法になります。

 

ただし何点か注意点があります。

  • 自分にとって最高を想像する
  • イメージは具体的に想像する(音や周り)
  • そのイメージに自分も近づきたいと本気で思える内容にする

『人間には自分に持ったイメージに近づく』という性質があります。そのため少しでも悪い想像をしてしまうと、悪い想像に近づいていってしまうので、イメージは丁寧に行ってください。

 

私が受験の時に使っていたイメージは

『受験で第一志望に合格して解放されて、大学のキャンパスで友達や女の子と遊びまくる』というのを全力でイメージしました。

 

たとえ周りから見るとくだらないことであっても、自分にとっては楽しみだと思えるイメージであれば、全く問題ありません

 

とにかく大事なのは最高のイメージを明確で具体的にするということ。

 

③ 追い込みすぎない

受験勉強ってここまでやったらやめていいよみたいなゴールはありません。だから勉強しても勉強しても勉強量が足りないと思い、常に頑張り続けることになります。

 

しかし人間は無限に頑張り続けることはできません。自分自身である程度ゴールを決めてあげて、自分に休むことを許してあげてください。

 

追い込みすぎるのは本当に危険です。僕は追い込みすぎて体と心をおかしくしてしまった時期があります。おかしくなった僕の経験からいうと『限界は超えるな、適度に休め』と受験生に伝えたいです

 

自分で今日のゴールはここまでと決めたら、その量を終えたら家に帰ってゆっくりご飯食べて、音楽聞いて寝ましょう。受験生にとって一べん大事なのは体で、勉強はその次です。どんなに焦ってもこれだけは間違えないでください。

 

 

私が経験した地獄はこちらです。怖いもの見たさの人は見ない方がいいと思います。

 

④ 自分で自分を褒める

自分で定めたゴールを達成した時に、あなたは次を目指して頑張ろうと思ってはいませんか。確かに次のゴールへ向けて頑張ることも重要ですが、その前にきちんと自分の定めたゴールまで努力できた自分を褒めてあげてください。

 

だってあなたは今までにないくらい頑張ったと思います。今まででこんなに勉強したのは初めてという人も多いくらい、大学受験は勉強漬けです。

 

そのあなたの努力を一番最初に褒めてあげるべきは、あなた自身なのではないでしょうか。受験生が勉強しても、だれかが褒めてくれるわけでもありません。でも自分くらい褒めてあげるだけでも、全然心持ちは違ってくると思います。

 

自分で褒めてあげると自己肯定感も強くなり『明日もも頑張ろう』と思えるのです

 

⑤ 散歩する

僕は昼休みに友達と一緒に近くを散歩していました。散歩は頭の整理にもいいと言われてますし、何より外に出るだけでも少し気分転換になって、不安やストレスも和らぎます。

 

さらにちょっとした季節の変化を感じるだけでも、心も晴れやかな気分になり体調もよくなります。

 

もしよかったら散歩してみてください。私は浪人期をきっかけに散歩を普段から楽しめるようになって、いろんな発見が散歩から生まれるようになりました。

 

 

⑥ 友達と話す

最後は同じように受験を頑張っている友達と愚痴りましょう。思いっきり喋ってしまえば心も少しはスッキリします。

 

一つだけ注意事項があり、それは喋りすぎて無駄に時間を使わないことです。友達と喋るのは楽しすぎて自分で時間管理をするのが難しいです。そのためあらかじめ30分とき¥目てから喋るようにしましょう。

 

そうでないと喋ってばっかの受験に落ちるタイプの受験生になってしまいます。ここだけ気をつけていれば、友達と話すのは最高の時間になります。

 

眠れないのは本当に辛い

私が浪人している時に初めて、夜にねれないということを経験しました。今までは布団に着けば簡単に眠りにつけました。しかしこのシーズンは本当に寝ようとしてもねれませんでした。

 

この寝れないという経験は今までの中でもかなりきつかったです。頭では寝たいと思っているのに、なぜかねれないというのは怖さ・不安・気持ち悪さが一緒に心にいて、経験したことのない感情でした。

 

私が実際にやった眠るための4つのコツ

  • 家に着いてからランニング
  • 風呂上がりの柔軟
  • 寝る前のクラシック
  • 寝る時の抱き枕

が僕の浪人期にやった睡眠のコツはこの4つです。

 

ストレッチやランニングは体を疲れさせて、眠るという作戦でした。これは時間はかかりますが確実に寝るためには有効な方法でした。しかしランニングは時間がかかる上に、寝坊のリスクも大きくなるので、目覚ましは必須でした

 

効果があったのかはちょっとわからなかったのが寝る前にクラシックを聴くことです。これは心が落ち着くような気はしましたが、眠くなるほどではありませんでした。もしかしたら音楽が好きではないからかもしれません。

 

最後に抱き枕ですが、これが一番寝るのには効果があったと思います。『抱き枕なんかでねれんのかよ』と思う人も多いですが、私は浪人期以降ずっと抱き枕のとりこです。抱き枕はなんと言っても寝るときの安心感が違います

 

もし不安でねれないから落ち着いて健やかに寝たい方は、1つ抱き枕を買ってみたらいかがでしょうか。

 

昼寝も有効

15分の昼寝をするのも意外と受験では有効な睡眠です。夜の睡眠時間が3時間くらい少なくても、昼寝を15分するとあっという間に体調が整います。

 

私は毎日15時から15分昼寝をするようにしたら、夜に多少寝なくても体調を整えられるようになったのでオススメです

 

寝たいと思ったら昼でも寝るといいです。ちなみに受験中も昼休みを利用して、昼寝をしてました。

 

まとめ

 

不安になったときの解消法

  • ポジティブな発言をする
  • 合格後をイメージする
  • 自分を追い込まない
  • 自分を褒める
  • 散歩する
  • 友達と話す

ねれない時だけは早急に対処してください。

 

 

 

 

  • サイト管理者

ながとゆきや

現役生の時は偏差値30しかなかったが横浜国立大学(文系)を志望してふつうに死亡。 浪人した時に理転して、勉強法が一番大事だと気がつき、自習室にこもるようになった。 しかし偏差値40→63まで急上昇し、見事受験に合格した。 東京理科大学(理系) 横浜国立大学(文系) 大手塾講師を3年ほどやり、数多くの教え子を持ち ・進路面談 ・個別指導 ・集団指導 をなど様々な教育経験し、塾業界にはある程度詳しいです。 教員を志望していて、教育心理学、行動学をつかった効率のいい勉強法を発信していく。

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で評定ギリギリの人が選べる2パターンとは??

  推薦入試を受けるときに1番気になるのが、評定ギリギリだけど大丈夫かなという不安ですよね。   推薦入試は評定でほとんど決まってしまいますし、評定がギリギリだと先生から『ランクを ...

no image

大学受験 大学受験の勉強法

2018/09/06

【大学受験】推薦入試で落ちたらすぐにやるべきこととは??

  意外と推薦入試で落ちる人は多い。理由は、上位校になればなるほど推薦枠を難しくしているから。実際私も友達で推薦で落ちた人もみたし、大学で塾の講師としても推薦に落ちてきた人を見てきた。 &n ...

no image

高校生活

2018/09/05

進路が決まらないのは普通だよ|大学進学に迷っている君に送る

  今なんのために大学に進むかわからない人が増えてきています。   大学卒業しても就職が安泰ではない 好きなものもない やりたいこともない という人の気持ちもよくわかります。むしろ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活がつまらないあなたへ|高校生活を楽しくするには外に出ろ

  人間関係がうまくいっていなかったり、友達との首位が合わないと学校ってほんとつまらないですよね。   勉強してるとガリ勉、好きなアイドルがいるとオタク。学校ってそういう偏見のカタ ...

no image

高校生活

2018/09/04

高校生活が不安な人へ|高校生活の不安3つを解消する

  これか高校生活をむかえて、新しい環境になる時って本当に不安で頭がいっぱいになる。 友達できるのか 高校では部活とバイトどっちがいいのか 先輩とはうまくやれるのか 勉強ついていけるのか 大 ...

-大学受験, 大学受験のメンタル

Copyright© 偏差値40からのMARCH戦略 , 2019 All Rights Reserved.